粉体成形金型(ラボダイス|セラミック、金属粉末) - 粉砕機、食品乾燥機、小型プレス機、粉末成形金型の販売|ラボネクト株式会社

粉体成形金型(ラボダイス|セラミック、金属粉末)

ラボネクト株式会社では粉体成形金型の販売を行っております。
研究、実験用の粉末成形プレス機用の各種金型を取り扱っております。



超硬製で耐摩耗性に優れた粉体成形プレス金型


粉末成形金型

粉末成形金型(角柱ダイス)

*寸法や形状は各種製作可能ですのでお気軽にご相談ください。





粉体成形金型の使用手順



粉体成形金型の使用方法

1.下パンチ・ダイ・フローティングスペーサーをセット

2.次に、所定量の粉体を摺り切り充填してください。

3.上パンチを挿入して粉体成形金型をプレス中央にセットして仮成形をしてください。

4.いったん、荷重負荷を抜いてリングスペーサーを取ってください。再度希望のプレス荷重までゆっくりとプレスしてください。所定の時間を保持した後、荷重負荷をゆっくりと抜いてください。

5.リムーバーをセットしシリンダーで押し下げて成形グリーン体を採りだしてください。

6.フローティング状態で成形されたきれいな成形グリーン体ができあがります。

粉体成型プレス機







粉体成形金型の材質について


<超硬>   
超硬合金とは、炭化タングステン(WC)とコバルト(Co)を主成分とした高硬度・高耐摩耗合金です。
ダイス鋼やハイス鋼と比べると高価にはなりますが、金型の寿命が向上します。

<SKD-11>  
ダイス鋼とは、耐摩耗性に優れた鋼材で試作用に適しています。

<SKH-51>  
ハイス鋼とは、ダイス鋼で耐摩耗性やじん性に不満がある小径のパンチに使われることが多いです。

粉末成形金型(ラボダイス)の詳細、価格はこちらをクリック





粉体成形プレス機(ラボプレス)



粉体成形プレス機

粉体成形プレス機(ラボプレス)は小型卓上型でセラミック、粉末冶金や食品の粉などを固めてペレットを作ることができる油圧プレス機です。

粉体成形プレス機(ラボプレス)の詳細はこちらをクリック








関連商品



手動で最高200MPa(面圧2トン)までの加圧成形が可能!


小型CIP成形機(静水圧プレス機)

小型CIP成形機 仕様

特注型のラボプレスと耐圧容器を組み合わせた、シンプル構造で低価格な小型の手動式冷間等方圧プレス機です。
耐圧容器を外せば粉末成形機として使用できることも魅力の一つです。
金属、セラミックス粉末の高密度化や異形状、長物等の金型成形だけでは、成形密度の均一化が難しいものに最適です。
原料粉末をゴム袋に入れて、均質で真っ直ぐな原料棒を効率よく作成することも可能です。
大学や国の研究機関、企業の研究室で多くご使用頂いております。



小型CIP成形機の価格はこちらをクリック








ラボネクト株式会社の製品情報

ラボネクト株式会社の製品一覧はこちらをクリック






購入前にテスト可能です

購入前に乾燥~粉砕テスト可能です

「こんなものは乾燥や粉砕、成形はできるのか?」「どういった細かさになるのか?」
「製品を直接見てみたい」など購入前に疑問に思われる点もあるかと思います。

当社にはテストルームがございますので製品ご購入前に乾燥後や粉砕後の仕上がりをご確認頂きご検討頂けます。

素材を当社にお送り頂いても問題ありませんし、お越し頂いての立会テストも可能です。

テストのご依頼などお考えの際はまずはお電話にてご予約ください。



ラボネクト株式会社 お問合せなど

メールでのお問合せは下記のお問合せフォームからお願い致します。

カタログ資料・価格表はメール添付にて送信可能なので、すぐにご覧頂けます。

ラボネクト株式会社へのお問合せ



HOMEに戻る

タグキーワード
コメント(-)トラックバック(-)Edit
  • ご質問・ご相談などお気軽にお問合せください。
ラボネクト株式会社